2012年11月15日

赤帽トラック

街で見かける赤帽トラックですが、何か「頑張っているな!!」と言う印象があるのですが、どうなんでしょう? 


それで、赤帽のこと調べて見ました、私は会社組織だと思っていたのですが、協同組合のフランチャイズで個人事業主とのことです。
よって、赤帽トラックや保険、貨物保険など、すべて事業主の個人が支払って営んでいるのです。


それで、興味のある赤帽車ですが、スバル(富士重工)社のサンバートラックです。
赤帽はスバルのトラックしか、使用出来ないみたいで、赤帽の本部からの購入になります。
購入金額は1台100万円は超えると言う、軽自動車にしては、結構高い車両なのです。


しかも、燃費も良くないみたいですが、唯一、長く使えると言うメリットがあります。

富士重工はエンジンの耐久性が良いと言うことなので、走行距離、30万キロぐらいは走れるようです。


赤帽で稼いでいる人は1ヶ月約、5000キロぐらい走りますので、1年で60000キロになり、6年ぐらいで新車購入になります。
でも、リーマンショックとか震災の影響で経済が逆向している現代に於いて月に5000キロも走っている人は少ないと思います。

赤帽のホームページを見ると、赤帽車は富士重工が特別なエンジンを開発して導入しているとのことですが、具体的にどうなのかは分かりません。


でも、オークションではノーマルのサンバートラックより、赤帽車の方が人気があるみたいです。

それから、ご存知だと思いますが、富士重工は軽自動車の生産を中止しましたので、今後、ダイハツからの供給になります。
まだ、ダイハツの赤帽車を見たことが無いのですが、30万キロも走れるのか?・・が、ポイントになります。
posted by hiro at 11:56| Comment(0) | 赤帽

2012年10月31日

公団住宅と赤帽運送が狙い目

結婚することになり、出来るだけ費用を安くしたいと考えています。住むところは今のアパートで暮らす予定でしたが、インターネットでいろいろ調べてみると、公団住宅が安くて狙い目と言うことが分かりました。
公団住宅の入居条件をウィキペディアで見てみると・・・
保証人は不要。年収または貯蓄の規定があるが、家賃1年分以上と敷金を前払いすることで、誰でも入居が可能である。 家賃は前払いで1〜10年分まとめて支払うことができ、その期間に応じて割引がある。敷金は必要だが、仲介手数料および礼金が不要である(民間の賃貸では 不動産屋を通して借りる場合、仲介手数料を要求されることがある。また、貸主への礼金を求められる制度が残っている場合がまだ多い)。また、契約の更新に 伴う更新料などの諸費用がかからない(民間の賃貸では更新料がかかる場合が多い)。
と言うことで、メリットとして安く新居に移ることが出来そうです。
早速、検討することにして、あとは、引越し屋さんをどこにしようか?と考えているのですが、自分の車があるので、一人で持てない冷蔵庫と洗濯機と箪笥ぐらいを手頃に運んで頂ければOKです。
それで、比較的自由が効くのが赤帽に運んでもらえれば安く引越し費用を抑えることが可能だと、会社の同僚から教えてもらいました。
赤帽は基本的に1名で作業及びドライバーなので、私が手伝えば大きなものも運べるようです。箪笥が180cmぐらいなので、幌の高さが200cmぐらいの赤帽車を所有しているところに頼べば大丈夫です。
これで、取り合えず、可能な限り安い引越しが出来ます。
posted by hiro at 15:38| Comment(0) | 赤帽

2012年09月24日

愛犬とともに引越し

3年前に今の杉並区に引越してきたのですが、昨年から愛犬小太郎と生活しております。
小太郎は友人が飼っているペット(柴犬)の子供で、本当に可愛いのでもらって来ました。

それで、今住んでいるマンションはペット禁止のため、引越すことになりました。
引越先ですが、都内で色んな物件を捜したのですが、ペット可のマンションは高額な家賃のところか? ぼろぼろのアパートか?・・の極端な違いがあることを知らされました。

ペット可の設備が整ったマンションは1階玄関付近に犬の足を洗う洗い場が設置されているとか、部屋の壁は犬の吠える声を極力抑える防音効果を施したいいものとか、その反面、ペット可の古いアパートは、普通のアパートなんですが、結構、犬を飼われているせいか、騒音OKタイプです。

隣近所は同じ「ペットと同居なので、クレーム無しよ」と言う感じです。
最近少しはペット可のマンションも増えてはいると思いますが、こちらのイメージしたマンションはなかなか見つかりません。

よって、エリアを都内からもう少し郊外へ広げて捜すようにしました。
会社への通勤時間が増えますけど、毎月の家賃代と小太郎に癒しをもらうことを考えればしょうがないと思います。
その結果、運良く京王線1本で通えるペット可のマンションを見つけることが出来ました。

今月には荷物をまとめて、前回利用した、赤帽さんにお願いしようと思います。赤帽はペットと同乗して引越し先まで運んでもらえるので、何かと便利です。
posted by hiro at 21:08| Comment(0) | 赤帽