2012年12月10日

学生の一人暮らし仕送りゼロ

サブプライムローンやリーマンショックそれから、震災の影響により、大不況で一人暮らしの学生はバイトなしでは生きていられない大変な時代になっています。

インターネットでの学生の生活実態調査では、15年前と比べると食費3割、本代5割減少とのことみたいです。

昨年秋に実施した学生生活実態調査の結果が15日までにまとまり、長引く不況の影響で、奨学金やアルバイトを頼りに生活費を捻出する学生の暮らしぶりが浮 かび上がった。それで、1ヶ月の平均生活費は、自宅生で収入5万5530円(前年比3720円減)支出が5万5810円(同1740円)、下宿生は収入が 11万8660円(同1760円)、支出が11万3450円(同1750円増)と記載されている。

下宿をしている学生の1ヶ月の生活費を15年前と比較すると、収入は1割強減っている中で、仕送りは約3割減少、奨学金は3倍に伸びているそうだ。

支出は住居費が1割以上増加しているのに、食費は3割減、書籍は5割以上減っており、現在の学生の生活規模が縮小していることが分かる。

それに、やっと就職する時が来て、いざ就職活動をしても、職が無い、就職浪人と言うか、いわゆるフリーターに転落するケースが多く、今住んでいるアパートの家賃も払うことも出来ず、また、引越し費用も無しと言う最悪なケースがあるみたいです。
家庭用脱毛機の性能
posted by hiro at 16:56| Comment(0) | 日記