2012年10月31日

公団住宅と赤帽運送が狙い目

結婚することになり、出来るだけ費用を安くしたいと考えています。住むところは今のアパートで暮らす予定でしたが、インターネットでいろいろ調べてみると、公団住宅が安くて狙い目と言うことが分かりました。
公団住宅の入居条件をウィキペディアで見てみると・・・
保証人は不要。年収または貯蓄の規定があるが、家賃1年分以上と敷金を前払いすることで、誰でも入居が可能である。 家賃は前払いで1〜10年分まとめて支払うことができ、その期間に応じて割引がある。敷金は必要だが、仲介手数料および礼金が不要である(民間の賃貸では 不動産屋を通して借りる場合、仲介手数料を要求されることがある。また、貸主への礼金を求められる制度が残っている場合がまだ多い)。また、契約の更新に 伴う更新料などの諸費用がかからない(民間の賃貸では更新料がかかる場合が多い)。
と言うことで、メリットとして安く新居に移ることが出来そうです。
早速、検討することにして、あとは、引越し屋さんをどこにしようか?と考えているのですが、自分の車があるので、一人で持てない冷蔵庫と洗濯機と箪笥ぐらいを手頃に運んで頂ければOKです。
それで、比較的自由が効くのが赤帽に運んでもらえれば安く引越し費用を抑えることが可能だと、会社の同僚から教えてもらいました。
赤帽は基本的に1名で作業及びドライバーなので、私が手伝えば大きなものも運べるようです。箪笥が180cmぐらいなので、幌の高さが200cmぐらいの赤帽車を所有しているところに頼べば大丈夫です。
これで、取り合えず、可能な限り安い引越しが出来ます。
posted by hiro at 15:38| Comment(0) | 赤帽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: